top of page

サイト正式オープンに寄せて

こんにちわ! サポート担当の酒井です!


皆さま、大変お待たせ致しました!

「須本壮一オフィシャルサイト」正式オープンいたしました!




「紫電改343 -完結編-」 第1話は50ページの大ボリューム&センターカラーでお届けいたします!



【重要】

 サイトが更新されていない場合は、ブラウザの再読込を行ってください。




須本壮一先生よりメッセージが届いています。


 

サイトオープンに寄せて


2023年2月末の雑誌イブニングの休刊にともない、「紫電改343」連載継続のため支援をつのりました。おかげさまで「須本壮一オフィシャルサイト」の正式オープン、「紫電改343 -完結編-」の連載開始となります。


これは、支援をいただいた皆さま、そしてこのプロジェクトの存在を拡散してくださった方々のおかげです。


改めまして、厚く御礼申し上げます


さて、


私が「紫電改343」という作品を描こうとした原動力は、終戦間際といえば特攻の悲劇がとかくクローズアップされがちで、日本の空を守る事に命をかけてくれた先人達をキチンと描く作品がなかったことでした。


いざ連載を始めてみると、私の思いに共感してくださった読者の皆さまから多くの支持をいただき、たくさんの反響と感想が寄せられました。


今これをご覧になっている支援者様も同じ思いを持って熱烈にご支持いただいているものと思います。


戦争はあってはならないもの、決して未来の若者達に体験させてはいけないものだということは、重々承知しています。


しかし、


まずは先人達の名誉をきちんと評価したうえで、空に馳せた男達の生き様を、熱くも冷静に最後まで描きあげようと思っています。


あの戦争とはなんだったのかについて、答えはみつからないかもしれませんがこの作品を通して、それぞれで考え、次代に継承していって欲しいと考えています。


これまでは、あくまで作者と読者という関係でしたが、今回の「紫電改343」プロジェクトでは、作者と支援者であり読者という新しい関係が生まれつつあります。


第1話に登場します「海軍タルト」は今回の支援プロジェクトで支援頂いたKさんが贈ってくださったことがきっかけで、これを作中に登場させようと思いました。

これも、作者と読者兼支援者という新しい関係から生まれた好例だと思います。


どうか皆さま、今後ともご支援とご愛顧たまわりますよう、よろしくお願いします。


2023年7月15日 須本 壮一


 

以上、今後とも「須本壮一オフィシャルサイト」と「紫電改343」をよろしくご支援くださいますよう、スタッフ一同よりお願い申し上げます。

閲覧数:933回10件のコメント

関連記事

すべて表示
bottom of page