top of page

須本壮一より、お礼とお知らせ

更新日:2023年6月10日





みなさん、大変お待たせしております。


[紫電改343]作品連載を再開するためのHPがオープンいたしました。


今回はプレオープンとなり本編掲載開始は来月7月10-15日あたりになります、そこで今月6月は8年前に白泉社から出版された雑誌(戦争という時代)に掲載されました読み切り作品[水平線のレクイエム]を公開いたしました



是非、読んでいただけるとありがたいです


さて、雑誌イブニングが2023年2月いっぱいで廃刊となり、自力での作品継続のための制作資金を集めるクラウドファンディングが3月14日に終了しています


皆様の力強い支援により2100万を超える制作資金が集まりました、改めて感謝いたします


これを原資に、まずはクラファン返礼のためのサイン色紙や原画発送準備を行い、平行して元編集者と打ち合わせを再開、本編の続き、第63話が50ページ、第64話が30ページとなるストーリー(ネーム)が完成いたしました、現在はその第63話の下描き段階です。カラーも一部つけるつもりです。


また今後はタイトルを[紫電改343-完結編-]とし、第63話を再開の第1話 と表記していきたいと思います。


作品中断から少々時間はかかりましたが、最高の状態での再開を目指しました、あと少しでスタートです


期待してお待ちください


また、ハイクオリティーを目指し取材を重ねた結果、作品完結までのイメージがさらに膨らみ当初予定の期間以上になるような予感がしています

作品制作を常に安定させる意味でも継続的に読んでいただける読者がまだまだ必要です。


作品を支援してくださる(登録メンバー)=(隊員)を募集しています

友人やまわりの方々に広く告知等をおこなっていただけたら嬉しいです



2023年6月初旬

須本 壮一



閲覧数:395回3件のコメント

関連記事

すべて表示
bottom of page